top navi tf navi tfl navi ヴァージョンアップ Q&A navi key navi



 ●既にタイムフィルターリーチをインストールされている方はバージョンアップへ。

 ●始めてタイムフィルターリーチを利用される方はフルセットのダウンロードへ。

ver1.41

タイムフィルターリーチの[ヘルプ(H)]から[バージョン情報(A)]を選択すると、図のようなウインドウが表示されます。ここで、お使いの「タイムフィルターリーチ」のバージョンを確認してください。


「タイムフィルターリーチ」
最新バージョンアップファイル
downroad
1.
タイムフィルターリーチ(TFL)が起動しているとバージョンアップができません。バージョンアップの際は、必ずTFLを終了させて下さい。

2.

上のダウンロードボタンを押して下さい。
3.
バージョンアップファイルの保存先を指定します。TFLのインストール先と同じ[tfl]フォルダ内に保存して下さい。
4.
ダウンロードが開始されます。
5.
保存先に行き(この場合は[tfl]フォルダ)ダウンロードしたファイル(tfl●●●.exe)をダブルクリックして下さい。
6.
【タイムフィルターリーチ バージョンアップ】ウインドウが出ます。TFLがインストールされているフォルダと同じ(この場合はC:\TFL)であるのを確認してから[OK]ボタンをクリックして下さい(下図参照)。
 
7. これでバージョンアップは完了です。TFLを起動して、バージョン情報を確認して下さい。


 

「タイムフィルターリーチ」
最新フルセットファイル
downroad
1.
「タイムフィルターリーチ」のフルセットファイルのインストールを行います。上のダウンロードボタンを押して下さい。

2.

【tflsetup.exe】ファイルの保存先を指定します。[保存]をクリックし、任意の場所にファイルを保存して下さい。
3.
保存先に置かれた【tflsetup.exe】アイコンをダブルクリックして下さい。セットアップ画面が表示されます。表示された説明をお読みになったら、[次へ]をクリックして下さい。
4.
TFLのインストール先を選択します。恐れ入りますが、デフォルトのC:\TFLを変更せずにそのままインストールを行って下さい。
5.
次にプログラムフォルダの選択を行います。プログラムフォルダとは、[スタート]ボタンから[プログラム]で表示されるフォルダ名です。通常は変更せず[次へ]をクリックします。
6.
セットアップの完了画面が表示されれば、インストールは完了です。パソコンの再起動を促す表示が出ますので、指示に従い再起動を実行して下さい。
7. TFLの起動は[スタート]ボタンから行います。[プログラム]の中にある[タイムフィルターリーチ]を開き、[TFL]を選択すると起動します。
これまでの手順でプログラムフォルダ名を変更した場合は、それに応じたフォルダから起動させて下さい。また、インストールの際に作成した【TFL】フォルダに直接行き、フォルダ内にある【TFL.exe】のアイコンをダブルクリックしても起動することができます。
8. インストール後、30日間のみ使用できる(※利用できる機能が一部制限されます)試用版です。体験版の状態で利用を続けると、ソフトを立ち上げる際に、試用期限が明記された画面が表示されます。
体験版からずっと使い続けられる正式版へ移行するには、キーファイルの購入・登録の手続きが必要となります。同サイトのこちらやソフトの[ヘルプ(H)]→[目次(C)]をご参照のうえ、キーファイルの購入・登録を行なって下さい。
 キーファイルの購入・登録を行なえばTFLのすべての機能をご利用いただくことができます。タイムフィルターリーチの利用方法などについては、ソフトの[ヘルプ(H)]→[目次(C)]をご覧下さい。

 

2009.2.5
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.41を公開しました。
・仮想出馬表における不具合を修正。

2008.8.25
タイムフィルターリーチの最新のフルセットファイルを公開いたしました。
・Verは1.40です。
注意:インストール先はデフォルトのC:\TFL を変更せず、そのまま
インストールを行って下さい。


2008.2.14
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.40を公開しました。
競馬道オンラインの「新データ」に対応(旧データでも使えます)したほか、
さまざまな新機能を追加しました。
また、先週の京都競馬で、2日間に分かれて開催される「続行競馬」が
行われましたが、この続行競馬についても対応しました。過去のバージョン
では続行競馬の指数が表示できませんので、新しいバージョンをご使用くだ
さい。

新機能は以下の通りです。
1)競馬道オンラインオンライン新データに対応

新旧いずれのデータも読み込みます。
(読み込んだデータで最新の表示を行います)

対応する新データは以下の通りです。
・特別登録データ
・コメントデータ(出馬用)
・コメントデータ(成績用)
・予想(前売り)オッズ
・成績+馬(1日)
・出馬表+馬(1日)

2)新データによる新しい画面
■出馬表
◎調教画面
 大幅に変更。
 ・1頭に付き3本の調教データを表示。
 ・併走馬の馬名や着差、調教本数、調教短評などを表示。
◎コメント画面
 ・「前走騎手コメント」「前走ブックコメント」に加えて、
 「前回出走時コメント」を新たに追加
 ・「前走ブックコメント」画面に「休養理由」を追加
◎過去5走詳細情報画面
 ・グレードの表示で、Jpn表記に対応。

■成績
 ・「制裁他」画面を追加
◎基本成績画面
 ・グレードの表示で、Jpn表記に対応。

3)今回新たに加わった新機能
■出馬表
◎過去5走詳細情報画面
 ・「絞り込み機能」を一新。
 ・距離による絞り込みを自由に設定できるように変更
 ・パターンによる絞り込みを自由に設定できるように変更
→この新しい「絞り込み」機能は、特別登録、仮想出馬表にも採用。

■仮想出馬表
◎ターゲットのテキスト出力出馬表に対応
 ・「Target Frontier」出馬表及び仮想出馬表において
 「テキストファイル出力」を「TGX(整形テキスト)」で行った
 テキストを読み込み、TFリーチの仮想出馬表にすることが可能。
※注 競馬道オンラインの成績データや出馬表+競走馬データが
   登録されていないレース・競走馬は表示されません。

4)不具合の修正
■特別登録
 ・馬削除を行った際に指数と順位がおかしくなる不具合を修正。


2007.9.25
トラックフィルター変更のお知らせ
・9月25日(火)19時ごろ、07年3月25日中京競馬場のトラックフィルターを変更
しました。タイムフィルターリーチをお使いの方は、恐れ入りますが「フィル
ターデータ取得」をやり直していただけますよう、お願いします。
 なお、TFオンラインはすでに変更済みとなっています。

【確認方法】
高松宮記念の成績画面またはスズカフェニックスの競走馬画面を開いて、
スズカフェニックスの高松宮記念の指数が105になっていれば新しいデー
タです。(スプリンターズSの特別登録馬画面では101となっていれば新しい
データです)

2007.3.31
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.33を公開しました。
・阪神競馬場の馬場改修に伴う指数の変更など。
・これに伴いVer 1.32以前でのフィルターデータのダウンロードが不可に。


2006.3.31
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.32を公開しました。
・出馬表選択画面に「競馬道用指数出力」ボタンを追加。
 同機能は、競馬ソフト「競馬道GT4」の外部指数読み込み機能に
 対応したCSVファイルを出力するもの。


2006.1.18
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.31を公開しました。
・出馬表画面で最高指数ソートした後、予想印をつけて馬番でソート
し直した際に正しく印が表示されない不具合を修正。


2005.12.20
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.30を公開しました。

・ABOを出馬表、特別登録、仮想出馬表の各画面の競馬新聞に対応。
・「TF指数設定メニュー」を追加。▲減量騎手の補正(推奨)を行なうか
  どうかの選択が可能。

●「ABO方式」とは 「競馬最強の法則」に連載中の馬券術です。ペース
パターンを単純化させたもので、ペース別の狙い馬をよりわかりやく表示します。
具体的には、以下のような考え方に基づいています。
2005年12月20日時点では、タイムフィルターリーチでのみ参照することが可能
です。 なお、画面表示だけでなく新聞にも印刷されます。
ペースパターンと同じく、基本的にはマイル以上の芝レース、または長距離ダート
でお使いください。
1)馬には、A型(上がり勝負に強いタイプ)とB型(平均ペースに強いタイプ)の
2種類がある。
2)ただし、この2種の掛け合わせにより、AB型(どちらでも力を発揮するタイプ)、
O型(メンバー的に能力が足りない馬)も存在する。
3)今回のペースを考え、スローならA型(もしくはAB型)、平均〜ハイペースなら
B型(もしくはAB型)の馬をピックアップする。O型ははじめから馬券の対象外とする。

●減量騎手補正とは減量騎手、特に▲3キロ減騎手が乗った馬のTF指数が
実力以上に高くなってしまう。それが特に平場戦におけるひとつの悩みでした。
△2キロ減の騎手は、すでにかなり巧くて、減量恩典をうまく生かし切って
くれるん ですが、▲騎手はまだ下手でほとんど生かしてくれない。
そこで、思い切って▲騎手の斤量補正を無効化(一律3キロ増)できるよう
にしました。 これで、減量騎手が多い平場でも、安心してそのまま馬券が買える
ようになります。
また、前回▲減量騎手、今回は通常騎手、という場合に指数が低くなる傾向もあ
りま したが、この補正により、それもなくなります。非常に実戦的な機能だと考え
ています。
具体的には、オプション→TF指数設定→「▲減量騎手の補正を行う」のチェック
ボッ クスをオンにしてください。

2005.6.8
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.21を公開しました。
・ランキング機能で予想印の項目を追加。
・ランキング機能についてヘルプを更新。
・ヘルプの印刷機能を追加。


2005.2.21
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.19を公開しました。
・成績のレース選択画面で、中止レース(2月19日・東京4R)があった場合に
カラムがずれる不具合を修正。

・出馬表画面から成績画面を呼び出す際に、成績データが存在しない場合にウイ
ンドウを表示させないように修正。

2004.11.10
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.18を公開しました。
・出馬表、特別登録馬、仮想出馬表に「TFランキング」機能を追加。

2004.10.21
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.17を公開しました。
・新聞印刷で、JRA所属馬以外が空白になってしまうため、 各所属を表記する
 ように変更。
・出馬表選択画面に、発走時刻、頭数などを追加。
・新聞印刷で、競走馬の馬記号の表記を追加。
・出馬表選択画面の一括印刷で、「一括印刷の印刷順序を逆にする」設定を追加。

2004.9.16
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.16を公開しました。
・3連単配当の表示を追加。

2004.4.1
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.15を公開しました。
・集計機能、ヘルプ機能を追加。出馬表画面のソート時における不具合などを修正。

タイムフィルターリーチの最新フルセットファイルを公開しました。
・インストール後、30日間利用可能(利用機能の制限あり)。正式版へ移行する
にはキーファイルが必要。

2004.1.9
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.14を公開しました。
・ 出馬表、特別登録馬、仮想出馬表で、ボタンが小さくなっていた不具合を修正。

2004.1.4
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.13を公開しました。
・ 「無効/非表示ウィンドウにフォーカスを設定できません」という エラーメッセ
ージが表示される不具合を修正。

・2003年12月27日の中山競馬場における成績欄のTF指数が表示されない
不具合を修正。

2003.11.17
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.11を公開しました。
・レース結果メモ、予想メモ機能を追加。
レース結果メモは、成績データに リンクしており、 出馬表画面・特別登録馬
画面・仮想出馬表画面には前走のレース結果メモを表示することが可能。
競走馬画面では、全てのレースのレース結果メモを表示することが可能。
予想メモ機能は、出馬表データにリンクしており、競走馬画面、成績画面で
表示することが可能。
※両方のメモ機能は、どの画面でも編集できます。

・予想印機能を追加。
自分で印をつけるか、 「競馬ブック」の予想印を表示させるかを選択。 オプ
ションの環境設定で設定を行なって下さい。 ただし、競馬ブックの予想印
を選択した場合は、印の編集は出来ません。
予想印は成績画面と競走馬画面においても表示されます。
また、出馬表を印刷した際にも表示されます。

予想印をつけた出馬表を印刷する際のご注意>
「手動による予想印」⇔「競馬ブックの予想印」の環境設定の変更をして出馬
表印刷を行なう場合は、出馬表を閉じている状態で行なって下さい。
出馬表を表示させたまま環境設定を行なっても、変更後の設定が反映されな
い状態で印刷されます。ご注意下さい。

2003.8.1

タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.10を公開しました。
・出馬表画面から前後のレース、他場のレースへ飛ぶ機能を追加。
※キーボードのCTRLキー+矢印キーでも飛べます。 また、画面右上部で
右クリックすると出てくるポップアップメニューからでも飛べます。
・他のレースを選択した際、前の画面が自動的に閉じる機能を追加。 (この
機能を使用される場合、環境設定で選択してください)
・ESCキーで画面を閉じる機能を追加。
・開催日選択画面、出馬表選択画面、出馬表画面、競走馬画面、成績画面
などにおいて、キーボードからレースや馬名を選択しリターンキーを押すこ
とにより新し いウィンドウが開く機能を追加。
・出馬表、仮想出馬表、特別登録馬で、60日以上の休み明けの場合に太い罫線
を引く機能を追加。
・出馬表で、減量騎手の減量印を表示する機能を追加。

<ご注意>
8月12日(火)からは、Ver.1.09以前のバージョンではフィルターデータ取
得が出来なくなります。TFリーチユーザーの方は、必ずバージョン1.10以
降をダウンロードし バージョンアップしてください。


2003.7.22

タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.09を公開しました。
・特別登録馬画面で、馬削除をすると別の馬の情報が表示される不具合を修正。


2003.7.15

タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.08を公開しました。
・特別登録馬で、馬名をダブルクリックして出てくるデータが別な馬である不具合
 を修正。

2003.7.11

タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.07を公開しました。
・特別登録画面で、ソートした後に成績柱をクリックした際、表示される成績が食い
 違っていた不具合を修正。
・出馬表画面で、最高指数の欄に、前走または前々走で設定ダッシュ指数を クリ
 アした馬を「D」で表示。
・出馬表画面で、最高指数の欄に、前走または前々走で設定ダッシュ指数を クリ
 アし、そのレースで3・4角いずれも3番手以内の馬を「■」で表示。

・出馬表画面の「パターン」に「適合パターン(芝1600m以上のレース用)」を追加。
・ 前走または前々走でダッシュ指数をクリアし、さらにそのレースで3・4角がいず
  れも3番手以内の馬の頭数で、適合するパターンだけ白色表示する。
・出馬表印刷で、パターンに適合するパターン文字を赤紫で表示。
<ご注意>
※「適合パターン」は、芝1600m以上のレースでのみ利用して下さい。Ver1.07から
 は、全レースの出馬表画面・印刷で適合パターンを表示することができますが、
 芝の短距離及びダートのレースの予想においては、適合パターン
を参考にしな
 いで下さい。


2003.7.3

タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.06を公開しました。
・データ登録の際に、「成績データ」のみで競走馬データを更新するかどうかの選択
 ができるように変更。ただし、選択を行なうとデータ登録に時間がかかるので、
  「成績+競走馬データ」を利用している方は、同作業の選択を行なわないよう
  にして下さい。

・特別登録馬の画面で、馬削除を行った後で馬名をダブルクリックすると、 別な馬
の情報が表示される不具合を修正。

2003.6.23

タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.05を公開しました。
・成績データによる競走馬データの更新を可能に変更。ただし、1(2)着馬名。着度
 数関連データ、賞金関係は更新不可。あくまでも、直近の成績データを使って競
 走馬データの前走が更新されるという機能のみ。そのため、古い成績データを入
 れたとしても、競走馬データに関しては何も更新されません。


2003.6.19

タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.04を公開しました。
・絞り込み機能(芝・ダート・距離・TF指数・ダッシュ指数・ペースパターン)を追加。
・ソート機能(馬番・最高指数・前走指数・最高ダッシュ指数・最高SML指数)を追加。


2003.5.26

タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.03を公開しました。
・体験期間を過ぎても「キーファイル購入ページ」へ行けるように変更。


2003.5.23

タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.02を公開しました。
・最高指数表示部に最高指数の順位を表示(印刷時には表示されません)。
・最高指数表示部で、最高指数が無い場合に「0」を表示していた不具合を修正。
・競馬道OnLineの「1000mのレースのみ前半3Fタイムが前半2Fタイムに変更」の仕様変更に対応。
・新潟芝1000m(直線)で、M指数を表示していたものをS指数とD指数を表示するように変更。


2003.4.15

タイムフィルターのサポートページである本サイトをオープンしました。
タイムフィルターリーチの最新版 Ver 1.01を公開しました。
・キーファイルが登録出来ない不具合を修正。
・レース選択画面からの一括印刷で、日曜重賞のみの場合に余計なページが印刷されてしまう不具合を修正。
・出馬表画面、新聞印刷に「ブリンカー」の表記を追加。
・その他、細かい点をいくつか修正。

 


トップページ>>タイムフィルターとは>>タイムフィルターリーチとは>>ダウンロード>>Q&A>>キーファイル購入

®2003 Layered Inc.All Right Reserved.