タイムフィルターOnLineロゴ
トップページへ Keibado Online Presents TIME FILTER OnLine
メンバー登録 サンプルページ タイムフィルターOnLineとは タイムフィルターとは タイムフィルターの使い方
 
利用規約 FAQ 問合せ
<<「タイムフィルターの使い方」に戻る
作者市丸博司直伝「タイムフィルターはこう使え!」

芝の1400m以下やダート戦(2100m以上のレースを除く)では、基本的にTF指数だけで馬券を獲れると考えていますし、そのように指数を算出しているつもりです。出馬表の短・ダ画面だけ見ればほぼ大丈夫でしょう。まず、過去5走のTF指数を見ながら、今回と同条件またはそれに近い条件でのTF指数をピックアップします。

※今回がダート1200mであるとすれば、ダート1000〜1400mのように、プラスマイナス200mぐらいに限定してピックアップしましょう。今回がダート戦であれば芝の指数は参考外、今回が芝ならダートの指数は参考外と考えてください。

ここで、安定して高いレベルの指数を出している馬がいたら、その馬が軸であると考えていいはずです。問題はそういう馬がいない場合ですが、1回だけ突出した指数を出していて他は低い馬の場合は、あまり全幅の信頼を置かないほうがいいでしょう。また、4走前や5走前に高い指数を出しているが最近は低い馬も、それほど信頼できないと考えましょう。徐々に高い指数を出せるようになってきた馬や、過去に高い指数を出していて前走休み明けをひと叩きし上積みがありそうな馬を選ぶといいでしょう。

なお、1000mでは走るが1200mではまったくダメな馬や、一走おきにしか高い指数を出せない(高い指数を出すと次走に反動が出る)馬がいたりします。このあたりにも注意が必要です。

同じぐらいの指数の馬の比較ですが、ダート戦や芝短距離戦では基本的に先行馬有利です(開催後半で傷んだ芝の場合など差し馬有利の馬場もありますが)。追い込んで3〜5着を続けている馬と先行してひと息で3〜5着の馬が同じ指数だったら、基本的には後者を選んだほうが確率は高くなります。

ダッシュ(D)指数は、特に短距離で重要です。芝でもダートでも1000m〜1200mでは、一定以上のダッシュ指数をマークしていないと苦しくなります。「短距離の差し馬」とは常套句ですが、いくら差しといってもまったくついていけない馬では、差し切りまでは難しいと考えましょう。ブロードアピールのようなダッシュ指数の低い差し馬はごくまれにしかいません。たとえば芝1200mの場合、ダッシュ指数上位3分の1以上をクリアした馬の中で芝短距離のTF指数の高い馬だけをピックアップする戦術が有効です。

ここで、難しいのが初芝や初ダート馬です。これは残念ながらTF指数だけでは予測できないことのほうが多いといえます。ただし、基本的に高い条件(準オープン以上)では通用しないケースがほとんどであり、初芝や初ダートは不利と考えるべきでしょう。

個人的に、ダートでは低額条件のとき、芝で先行してはバテを繰り返していた初ダート馬、しかも血統的にダートをこなしそうな馬は買いと考えます。それ以外は消したほうが無難です。初芝の馬は、ほぼ無条件に消しでもいいのではないでしょうか。例外的に走る馬もいないではないですが、そのあたりはみなさんで研究していただければと思います。

これは、1.の場合とは逆に、TF指数だけを見ていては馬券的中は難しいとお考えください。昨今は芝の中長距離でハイペースのレースはごくまれになってきました。ペースパターンをうまく活用することが的中への近道です。

やり方としては、まず過去5走で今回と近い条件で出したTF指数を高い順からピックアップします。その指数がどんなペースパターンで出されたものかを見て、今回予想されるペースに適合したペースパターンで出されたTF指数のみを残します。そして、

※今回が芝1800mであるとすれば、芝1600〜2000mのように、プラスマイナス200mぐらいに限定してピックアップしましょう。ただし、芝2200m以上の距離の場合は、芝1800m以上のレースすべてを見るようにしたほうがいいようです。基本的に、ダートで出されたTF指数は参考外と考えてください。

ここで一番大切なのが、今回、どういうペースになるか。ペースの判断が馬券を左右する重要な問題となってきます。

「競馬予想TV!」では、10月現在「前走または前々走で3・4コーナーともに3番手以内で一定のダッシュ指数をクリアした馬の数」で判断しています。

※「競馬予想TV!」でのペース判断
  1600m…ダッシュ指数60以上の馬
  1800m…ダッシュ指数55以上の馬
  2000m以上…ダッシュ指数50以上の馬

該当馬の数
ペース判断
適合ペースパターン
0頭
超スローペース
U、L
1頭
スローペース
U、L、ML、SL
2頭
平均ペース
SL、M、B
3頭
ややハイペース
M、B、SM
4頭
ハイペース
B、SM、D、S
5頭
超ハイペース
D、S

しかし、これが必ずしも正解とは考えていませんし、いずれもっと的確なペース判断をできるようにならなければと思っています。したがって、ペース判断については、みなさんも独自の判断基準を身につけていただければと思います。

なお、「タイムフィルターOnLine」では、9つのペースパターンを3つ(後傾型=U、L、ML、平均型=SL、M、B、前傾型=SM、D、S)に分類してみました。スローが予想されるなら後傾型、平均ペースが予想されるなら平均型、ハイペースが予想されるなら前傾型が有利と考えられます。

私は自らこのページで予想も行ないます。しかし、基本的に私の場合「人気サイドは買い目を絞る」のが信条。あと2〜3点加えておけば大穴が取れたのに、などということもよくあります。100人いれば100通りの馬券スタイルがあるのが競馬。私の予想はぜひ参考にしていただきたいのですが、ご自分の馬券スタイルと違う場合は、TF指数やペースパターンをさらに深く読み込み、ご自分の馬券スタイルに合った買い方をされることをオススメします。

私が考えつかないような、斬新なタイムフィルターの活用方法を見つけてくだされれば、考案者として非常にうれしく思います。


筆者プロフィール

市丸博司 (いちまる ひろし)
昭和34年佐賀県嬉野町生まれ。
「パソコン競馬ライター」としてパソコン競馬の創生期から活躍。今やこの道の“大御所”的な存在である。
 著書に「TARGET THE ワイド」(共著・KKベストセラーズ)、「1日36レース馬券必勝法」(ラジオたんぱ)、「競馬ファンならパソコンがすぐできる」(廣済堂出版)、「種牡馬 回収率/データマニア」(情報センター出版局)など多数。
 また、「夕刊フジ」(土曜の関東版及び日曜の全国版)、「競馬最強の法則」にコラムを連載中。テレビでは、スカイパーフェクTV!・フジテレビ739の「競馬予想TV!」、グリーンチャンネル「明日のレース分析」にも出演している。
【市丸博司のパソコン競馬ニュース】 http://www.layered.co.jp


インターグロー 競馬ブック 競馬道OnLine